「シンポジウム・パーキスターン2013」
12月7日に開催です

第27回●シンポジウム・パーキスターン2013
12月7日(土)、日本大学文理学部3号館で開催

ことしの「シンポジウム・パーキスターン2013」は、12月7日(土)に決まりました。会場は、日本大学文学部3号館(東京・桜上水)です。今回のテーマは、「パキスタンの魅力を探る」として、パキスタンの持つ顕在的、潜在的な魅力をいろいろな角度から掘り下げていきます。現在ご案内のチラシを作成中ですが、とりあえず日程とその概要をお知らせします。

第27回●シンポジウム・パーキスターン2013
「パキスタンの魅力を探る」

◇とき:12月7日(土)10 : 30〜17 : 30
     (18 : 00より懇親会)
◇ところ:日本大学文理学部3号館(東京・桜上水)
◇会費:会員1,500円・一般2,500円・学生1,500円
    懇親会費3,000円
◇定員:70名(先着順)
◇お申し込み:(公財)日本・パキスタン協会
        Tel:03-5327-3588
         eメール:kyokai@japan-pakistan.org

■第1部:講演と質疑応答(敬称略)

「ご挨拶」 (公財)日本・パキスタン協会会長 今泉濬

       駐日パキスタン大使 ファルーク アーミル

「最近のパキスタン情勢」
    外務省南部アジア部南西アジア課課長補佐 江端康行

[パキスタンの魅力を探る]

○「水牛を通じて貧困削減を考える」(仮題) 
    明治学院大学名誉教授・平島成望

○「パキスタンのエネルギーの現状と将来展望」(仮題) 
    工学博士・BOI名誉顧問・高橋宏尚

○「パキスタン北部地域の観光資源と開発」 
    日本大学文理学部教授・落合康浩

※さらに一名の方を予定しています。

■■■第2部:懇親会

3号館1F 「カフェテリア」

日本大学文理学部
 〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
 電話03-3329-1151(代)
交通:京王線下高井戸駅、桜上水駅下車
http://www.chs.nihon-u.ac.jp